CAP東埼玉 → 最新のワークショップから

最新のワークショップから

実施したワークショップの参考情報や、参加者の方にいただいた感想です。ワークショップについての詳細は「CAPワークショップのいろいろ」をご覧いただくか、「お問い合わせ・ご依頼等」よりご連絡ください。

2010年以前のバックナンバーです。
2011年以降の『最新のワークショップから』へ戻る

「越谷市男女共同参画支援センター・ほっと越谷」の七夕フェスタに参加!

平成22年7月10日、「ほっと越谷」登録団体企画の講座として、
「CAPワークショップ」の「大人向け」と「子ども向け」を別室にて同時開催で実施しました。

参加者数:大人ワークショップ・・・大人13名(内訳:女性11名・男性2名)
     子どもワークショップ・・・子ども17名(内訳:女子11名・男子6名)

 今年の公開ワークショップでは、職業もお住まいも様々な いろいろな大人の方の参加をいただきました。また、ホームページを見て参加しました、とか、友人に誘われて親子で参加しました、という方もいて、嬉しい限りです。
 大人ワークショップと子どもワークショップの会場が隣り合わせだったので、壁の向こうからもれ聞こえるお互いの声やざわめきに 子どもも大人も安心できたかな?と思います。 
 大人のみなさんは、とても熱心に参加してくれました。
 子どもたちも、たくさん意見を出してくれて楽しい時間になりました。
 ありがとうございました!

【大人ワークショップ参加者の感想より】

以上3点と同じような感想が複数寄せられました。
他には以下の声も寄せられています。

【子どもワークショップ参加者の感想より】
「楽しかった」「おもしろかった」「またやりたい」という声は複数の子どもたちが寄せてくれています。
他には・・・

〈個人が特定されないように少し表現を変えたり、ワークショップの様子を分かりやすくするために補足をしている部分もあります。〉

【おとなワークショップ】 子どもワークショップの紹介部分より
おとなワークショップの一場面
まきさん(写真左のスタッフ)から、いつもカバンを持たされてしまう、はるこさん(写真中央のスタッフ)。
お友達(写真右二人)についてきてもらって、「いやだ!」とことわることできるかな?

【子どもワークショップ】
子どもワークショップの一場面
大きな声でポーズもつけて、みんなで一緒に「あんしん!」「じしん!」「じゆう!」

子どもワークショップの一場面 その2
劇の中で先生(写真中央のスタッフ)に相談に行くごろうくん(写真右のスタッフ)。
ごろうくんは、一人で相談に行くのは恥ずかしいので、誰か友だち(手前子どもたち)に一緒についてきてもらうことにしました。大人に悩みを相談するって、どんなふうになるのかな?

以上、2010年7月に行われた公開ワークショップの様子でした。 (2010.07)

公開ワークショップを終えて

 平成21年7月12日(日)に、越谷市男女共同参画支援センター主催の記念事業「七夕フェスタ」において、CAP公開ワークショップが開催されました。

 ワークショップ終了後、参加された皆さまからいただいた感想をまとめてみましたので、ご紹介いたします。

〜大人向けワークショップ参加者感想より〜

 この他に、「実際に子どもの話を聴こうとしていない自分に気づいた」という方や、「子どもが受ける気持ちを感じることができた」という感想をいただきました。

 「もっと広く知られるべきすばらしい内容だった」という感想もいただきましたが、このように感じてくださる方が一人でも多くいてくれることが、私たちの大きな励みになっています。

〜子どもワークショップ参加児童感想より〜

子どもたちはとてものびのびした様子で、自分の気持ちを言葉にして伝えてくれました。みんなの心に、CAPが届いてくれたら本当に嬉しいです。

 アンケートの結果、全体を通して「わかりやすい」という感想を多くいただきました。この「わかりやすさ」こそが、CAPプログラムの特徴なんです。実際、CAPをよく知らないと言う方も、参加してくださった後はよく理解してくれたようです。

 私たちはこれからも、すべての人に「誰もが大切な存在」であること、そして暴力のない社会を造る気持ちが生まれることを信じて、一回一回皆さんに届けていきたいと思っています。    

                         (H '09.08.07)

「旅立ちの日に」

今日本中のあちこちでこの歌声が響いています。
卒業式の定番曲となったこの曲は91年に秩父の中学校の教師によって作られました。

♪勇気を翼にこめて  希望の風に乗り
このひろい大空に  夢をたくして

希望と不安を胸に巣立っていく子どもたちの未来が
幸せであることを願わずにはいられません。
3学期は保育園の卒園記念のワークショップの依頼が多くきます。
保護者の皆さんから子どもたちへのプレゼントです。
私たちは3日間保育園に通います。
子どもたちの笑顔がいっぱいのとても楽しい3日間です。
三日目に帰る時はみんなで手を振って送ってくれたりします。
私たちも子どもたちから幸せや元気をいっぱい頂いて帰ってきます。
子どもたちの笑顔はみんなを幸せにします。
日本中、世界中の子どもたちがいつも「安心・自信・自由」の気持ちでいられることを願いつつ、
明日も保育園のワークショップに行ってきます。  (いが '09.03)

夏のワークショップあれこれ

中学生への暴力防止プログラム

7月上旬、K市で中学1年生へのワークショップを行いました。事前に先生方と細かい打合せをして4日間のワークに臨んだわけです。中学生の子どもワークショップは「50分×2コマ」を2日間。計200分です。(これにトークタイムがつきます)
「中学生」になると意見をなかなか言わないです。だけど 子ども達は実は言いたいことはいっぱいあります。いっぱいあっても なかなか言えない。周囲の目も気になるし、うまくいえなかったらどうしよう、と思ったり。
それでも2日目は1日目より意見が活発に出て、友達の意見に「お前、いいこと言う〜」と言ったり、「でもそれはさ〜、こうじゃないの〜?」と言ったり。クラス全体で笑ったり、どよめいたり。
グループでいろいろなことも考えました。自分達に何ができるか考える、「問題解決の過程をクラスで共有する」ってことがとても大切なのです。
中学ワークショップのテーマは「ピアサポート(仲間同士の助け合い)」。それができたらいいと思っています。

教職員ワークショップ

7月から8月の夏休みは教職員ワークショップのシーズンです。
基本的に2時間半の時間を取ってもらってワークショップを行います。教職員ワークショップが2年目、3年目の学校もあるので、それぞれ内容を変えて行きます。
しきりにペンを動かしてメモを取っていらっしゃる熱心な先生がとても多い。質問も出ます。
暴力防止に先生が果たす役割はとても大きいので、先生方とこういう時間が持てるのは本当に嬉しいです。
「お久しぶりです〜」と言ってくださる先生や、去年ワークショップを受けた その後の子ども達の話をしてくださる先生も少なくありません。毎年続けていくことのよさを感じています。(あまぐり '08.09.07)

新年度が始まりました

新年度です。 今年度は「看護学校の学生さんへのワークショップ」「保育士の方たちへのワークショップ」と、
スペシャルなワークショップから始まりました。
これからは 小学校でのワークショップが増えてきます。
今年も丁寧にみんなでいいワークショップを届けていこうとがんばってます!がんばるぞ!(あまぐり '08.05.13)

プレ(就学前)お届け

 ベーシックと呼ばれる小学生向けのCAPワークショップ依頼が多いなか、今後増えつつあるかな? と思われるプレ(就学前)CAPプログラムを届けてきました!
3学期はプレの依頼が多いんです。
 プレは、20分×3日間で行われます。どの園の子どもたちも、こんな感じの反応でした。

1日目・・・「この人たち誰かな〜? 先生じゃなさそうだぞ」と言うきょろきょろ目で私たちを観察。ちょっとおすまし顔です。
2日目・・・「わ〜い、また来てくれた!」と大歓迎ムードでごあいさつ。おすまし顔だった子どもたちは一変して、超フレンドリー!今日は人形劇だよ♪
3日目・・・「楽しかった〜! また明日も来て〜!」と口々に言ってくれますが・・・ごめんね、さびしいけど今日でおしまいなの。

 短い時間ですが、私たちは役割劇や人形劇で、とても大切な3つの権利『安心』『自身』『自由』を伝えます。
『生きるためにどうしても必要なもの』だと、素直に理解してくれてる様子がうれしいですね。
子どもたちは楽しみながら、まるでス〜ッと水がしみ込むように学んでくれます。
尊敬の気持ちすら出てきて、心がじんわりします。(*^▽^*)
(ぺったん '08.04.03)

※)伝える内容は基本的に小学生版と同じです。

中学生へのワークショップ!!

秋、中学校でワークショップをしました。1年生5クラス約200人です。5日間通いました。
中学生暴力防止プログラムは ベーシックと言われる小学生プログラムの倍くらいの時間をかけます。
(小学生プログラムは ワークショップ60分+トークタイム30分=90分。授業2コマになります。
 中学生暴力防止プログラムはワークショップ100分+トークタイム30分を2日間 行います)
「いじめについて」「痴漢などにあったらどうするか」「自分らしく生きることについて」
「したくないことをやろうと友達に言われたらどうするか」「仲間とサポートしあう」・・・など、内容は盛りだくさんです。

最初は意見がなかなか出なかったクラスでも、2日目になると発言が多くなり、感想を話しに来てくれる子ども達もいました。

中学校からの依頼は小学校からの依頼に比べると少ないのですが、この時期の子ども達に 自分を守ること、友達の力になることを
身近に感じてもらえたらと思っています。

〜〜こんな感想をもらいました〜〜

(あまぐり '07.11.26)

保育士対象教職員ワークショップが終わりました!!

S市からの依頼で行われた 公立・私立保育園保育士対象のワークショップが11月20日をもって終了しました。
この事業では、10月から3回にわたり、約200名の先生方へCAPを届けることができました。
参加された先生方はとても熱心で、しきりにメモを取り、ひんぱんにうなずき、考え、意見を言ってくださいました。

〜〜先生方の感想・アンケートより〜〜

アンケート用紙にぎっしり書かれた感想から熱心さが伝わってきて、私達もとても嬉しかったです。(あまぐり '07.11.25)

公開ワークショップの感想をいただきました

2007年7月8日に行われた公開ワークショップに参加された方から、
感想をいただきました。
公開ワークショップの感想 〜親子で参加されたNさんより〜('07.07.08)

ワークショップのご感想と講演の様子

草加市立瀬崎中学校のPTA会長さんより、ワークショップの感想が寄せられました。
当日の写真と共に、掲載させていただきます。
ワークショップの感想 〜瀬崎中学校PTA会長さんより〜('07.06.16)