CAP東埼玉 公開ワークショップの感想 〜親子で参加されたNさんより〜

公開ワークショップの感想 〜親子で参加されたNさんより〜

2007年7月8日に行われた公開ワークショップに参加された方から、
感想をいただきました。

 小4、小2の娘と親子で参加させていただきましたが、
(※注 親御さんは大人向けのワークショップに、お子さんは子ども向けのワークショップにそれぞれ参加され、この日は同時間・別室で実施しました。)
当初の参加目的だった、さまざまな暴力から自分を守る方法を学ぶ
ということ以外にもたくさんのメッセージをもらいました。
その中でも、教えてもらった ”安心・自信・自由” 
これら3つの言葉は、短いけれどなんて奥深いのでしょう・・・
自分自身生き方に迷った時に、また子育てに悩んだ時に、
自分の中の柱として大切にしていきたい言葉だと強く思いました。

 子どもたちも参加型ワークショップという体験が新鮮だったようで、
帰宅後はそれぞれが感じたことを話してくれました。
とくにいじめのロールプレイを見て、いろいろな解決方法があるということに驚いたようですが、
すべてのことは、いろいろと考え、また誰かに相談したりすれば道は決してひとつではない。
いくつかあるのだろうということが親子で話しているうちに自然に深まってきました。
もちろん、子どもが考え、行動を起こし、選び抜く力を発揮するためには、
安心、自信、自由の環境を親をはじめまわりの大人がいかに整え、
見守っててやれるかにかかっているのかもしれない
とも改めて思いましたが・・・このように親子でたくさん考え、
語り合うきっかけを与えて下さったこと、深く感謝しております。

 ひと組でも多くの親子、そして子供と接する方々がCAPのセミナーに参加され、 いろいろなきっかけになればと思わずにはいられません。

本当にありがとうございました。

('07.11. Nさん)  

Nさん、ご感想ありがとうございました。

△このページの上へ