CAP東埼玉 → プロフィール

CAP東埼玉プロフィール

私たちCAP東埼玉は、1998年に発足した「東埼玉CAPを学ぶ会」がもとになっています。 主にCAPに関する情報提供・広報活動・CAPワークショップの主催を行っていました。
その間にも、他のグループにも所属し活動していたメンバーが中心となってCAPを学び、 仲間をつのりました。

そして2002年に、自らCAPワークショップを提供できる市民団体として、「CAP東埼玉」と改名しました。
現在メンバーは12名(2011年度時点)。
埼玉県の東部地域を中心に、CAPについての情報提供や、 依頼に応じて、学校の授業・PTAの家庭教育学級・公民館などで、CAPワ−クショップを行っています。 また、子どもの教育・環境などのさまざまな問題について語り合える仲間づくりをめざして活動しています。

2003年度からはCAPグループ埼玉県連絡協議会のメンバーとして、3年間は埼玉県「児童生徒が暴力から身を守るためのプロジェクト事業」に、
2006年度からは埼玉県「地域における子どもを虐待から守るための体験型学習」事業に参画しています。
2009年度からは埼玉県「児童養護施設における子どもへの暴力防止体験型学習事業」に参画しています。
また年に1回、越谷市男女共同参画支援センター(ほっと越谷)で、公開ワークショップを実施しています。

サイトのトップへ