CAP東埼玉 → CAP歳時記

CAP歳時記

CAP歳時記・・・スタッフが活動していて感じたことを綴ります。
2006年以前のバックナンバーです。
2007年からの最新CAP歳時記はこちら

3学期は保育園へ

季節的にワークショップがあまり忙しくない3学期。でもなぜか数ヶ月ぶりの未就学児向けワークショップを数件続けてご依頼いただき、スタッフ一同、勘を取り戻すべく日々練習に励む毎日です。人形劇を操ったり、♪あったま・か〜た〜・ひ〜ざ〜・ぽん!なんて言いながら、3日間同じ子どもたちのところへ通う醍醐味は、私たちの大切な出会いの宝物です。(S)

行ってきました講演会

06・8・2(水) 第3回CCAP(子どもの虐待防止センター)学校関係者対応セミナー オリンピックセンターにて

午前中は「発達障害と児童虐待」と「学校と公的機関との連携」の講演。午後はグループでの話し合いでした。
私のグループは7人で、教諭・養護教諭・支援センター職員・CAPスペシャリストという構成。学校現場で困っていること、子どもへの支援や通告についての現場からの声、支援センターの状況、そしてCAPが出来ることなどの話でもりあがり、今後ますますこれらの機関との連携が必要になっていくと思いました。(栗丸)

「1人で抱え込まない」ことの大切さ

ワークショップで参加者に自分でも言っていることですが、「1人で抱え込まない」ことの大切さを感じました。なかなかワークショップに出られなかった私でしたが、10月に4ヶ月ぶりの子どもワークショップに行ってきました。久しぶりのワークショップだったので、前日から落ちつかず、当日初めは引きつった笑顔、早口などなどの緊張でした。でも子どもたちのキラキラ輝く瞳、元気な声、パワーに支えられていつものようにすることができました。子どもの素晴らしい力とたくさんの子どもたちの出会いに感謝します。久しぶりのワークショップにならないようにしたいと思いま〜す!。(冬眠くまさん)

スタッフ紹介

CAPってどういう意味ですか?ケーキ・アンパン・プリンアラモードってか。
実際、CAP東埼玉のミーティングに食べ物が置いてないことはない。
お菓子がないと非−常−に機嫌の悪いCAP東埼玉の皆さん。(特に…代表)
好きなテレビ番組は「で○や」と「ぷっ○ま」昔は両方深夜番組で夜中に一人くすくす笑っていたので、かみさんに止めてくれと言われた。「で○や」のレギュラーになりたいと常々思っていた私、「CAP東埼玉」と「で○や」を間違えて入ったのかな〜。ちなみに、好きなタレントはもちろんホンジャマカの石塚とスマップの草薙剛。
好きな女優は名取裕子、好きな食べ物はカニ(7月7日生 蟹座)。(ヨシエモン)

CAPスペシャリスト養成講座

いよいよ、CAPスペシャリスト養成講座inとうきょうの募集が始まりました。
私は2年前の夏、養成講座を受けました。そのときの感動を今でもはっきり覚えています。
そして今日まで数えきれないくらい多くのことを学び、また、すばらしい出会いがありました。
今回CAP東埼玉では、サポートグループとして養成講座の運営のお手伝いをします。
新しい人たちのCAPとのすばらしい出会いに少しでもお役に立てればと思っています。
私自身も新たなる出会いにわくわくしています。(あらし)

かばんの重さは赤ちゃんの2倍!?

8月。教職員ワークショップ最盛期。
担当の学校へワークショップに行く前に、かばんの重さを計ってみたら な・・なんと7キロあった!! w( ̄△ ̄;)w・・・確かこのあいだまでは5キロだったのに、いつの間にこんなに増えた?
中身は何かといえば、担当資料・ワークショップ資料各種・予備の名札・レジュメ・確認書・マジック・ホワイトボードマーカー・のど飴・ペットボトル・上履き・パネル各種・その他モロモロ・・車で移動の時はいいけど、電車で現地に行って、ワークショップ終わって帰路につく時には、もう道路に足が めり込みそうですぅ。重いよ〜〜。
体重だけでなく、資料もダイエットしたい今日この頃。。。(栗丸)

…仲間より一言「まあ、子どもは10キロまでおんぶする言うし、おぶい紐いる?♪」(S)

出会いを大切に

CAPの活動を通して感じることは、人とのかかわりの大切さです。
ひとつのワークショップをお届けするのに、たくさんの方々の理解とお力がなければ始まりません。
「CAPを子どもたちに届けたい!」という思いひとつだけで、忙しい中、打ち合わせや資料の印刷で時間を割いてくださる
方々に、感謝感謝です。素敵なかかわりが持てるよう、出会いを大切にしていきたいものです(^0^)  (ぺったん)

@トークタイム

トークタイムで子どもと話した時、一番大事なのは子どもの気持ちを大切にする事・・・1つの事に関して子どもの希望する事と大人(私)の希望する事が正反対だった時、難しさを痛感します。そして未熟さも痛感。子どもたちにいっぱい教えられます。(S)

2007年からの最新CAP歳時記